大小様々な金額を融資

大小様々な金額を融資

私は以前金融会社に勤めていたことがあります。そこでは営業として働いており、小口のローンから大口のローンまで幅広く取り扱っていました。小口のローンの場合、最高限度額は50万円ほどでしたが、利用者の方もATMから出金されたり銀行振込で融資することも多く、直接現金を渡すことはほとんどありませんでした。

 

しかし決定した利用枠がお客様の希望金額とそぐわない場合、納得してもらうまでに時間がかかることもありましたが、数か月良好な取引をしていただければ枠を広げることも可能だと告げると、ほとんどの方が納得してくれました。大口のローンの場合、小口のローンとは違って銀行振込などはできませんでした。直接お客様と会って契約を交わし、その場で直接融資するという形式をとっており、お客様には必ず現金を数えてもらう必要もありました。

 

大金を持って契約先まで出かけることにはじめは緊張していましたが、慣れてくると現金の束を見ることにも抵抗は無くなりました。契約をする際、自宅や会社で行うと周りを気にすることなく融資ができたのですが、喫茶店などを指定されると、現金を数えてもらう際、周りの方がじっと見つめることもあり、さすがにその時はソワソワした気持ちになりました。

 

金融機関で働いていれば、融資をすることは当然ですが、金融商品によって融資方法が異なり、実際大金を手にすることもあり、何事も経験は大切だと改めて思いました。